男性の画像

「病院に行くのは面倒だ」「看護師や医師にEDの相談をするのは恥ずかしい…」という理由から、通販で治療薬を購入する人が増えています。

ボタンをクリックするだけで薬が買えるので、手軽で便利なのが通販の魅力。また海外通販を利用すれば、ジェネリック医薬品が格安で入手できるというメリットもあります。

しかし通販の利用には、デメリットも存在するのです。売られている治療薬の中には、偽物も出回っています。ここでは、通販のリスクと対策について解説していきます。

偽物の薬・流通の実態とは
ED薬を国内で製造販売する4社が合同で行った調査によると、偽造薬が日本へ流入している実態が明らかになりました。通販で販売されている治療薬の4割が、偽物だったのです。

4社の調査では、以下のような偽造薬を発見。
・有効成分の量が規定量より少ない
・不純物が混ざっている
・正規品よりも有効成分の量が多すぎる

偽物を見分けるのは難しく、国内でED薬を製造している会社では「ネットで薬を買うのは危険」と警鐘を鳴らしています。

偽物の薬は、安全性が保障されていないので危険です。誤って服用すると、勃起改善の効果が得られないばかりか健康被害の恐れがあります。

じゃあどうする?安全な通販利用ガイド
通販でED治療薬を買っている人にとって耳の痛い話ではありますが、残念ながら偽造薬の流通は実際に起こっています。

では、通販の利用を諦めるしかないのでしょうか。「どうしても通販で治療薬を買いたい」という人のために、リスク対策を教えます。

1.老舗サイトを利用する
運営年数が長いサイトは、実績があるので安心できます。法に基づいて適切に運営をしているからこそ、長く続いているのです。

2.クレジットカード決済ができる
クレジットカードによる決済を導入するには、加盟店になるために厳しい審査をパスしなければいけません。怪しい運営をしているサイトは審査に通らないので、クレジットカード決算が選択できるかどうか確認してみましょう。

3.格安の治療薬には注意
ほかのサイトと比べて値段が極端に安い治療薬は、注意が必要。相場の価格と比較して安すぎる薬は、偽物の可能性があります。