ジェネリック医薬品が格安で買える理由

カマグラはバイアグラのジェネリック品ですが、なぜ格安で販売できるのでしょうか。
ジェネリック品は、先発薬をもとに作られた後発薬という意味。
先発薬と同じ有効成分を使い同等の効果を生みだすので、安全性も確保されています。

そもそも先発薬と後発薬は製造会社が異なります。
先発薬を開発した会社は特許を取得している間、独占的に販売できる権利を得られます。
特許期間が終了すると、他の製薬会社が先発薬の成分を元に作ることが可能になります。

ジェネリック品と新薬の違いは、飲みやすさの改良・価格です。
製造方法はすでに特許がとられているものであれば変更したり、薬の大きさを飲みやすく変えたりします。
新薬は、莫大な費用と長年の開発期間をかけて誕生しています。
ジェネリック品の場合は、成分を開発する必要がないため、コストや製造期間が大幅に削減。
新薬とコスト面が違うので、販売価格を抑えて低価格で提供できます。

安いからといって、ジェネリック品の開発に手を抜いているわけではありません。
基礎調査から臨床試験まで数多くの段階を踏んでいます。
有効性や効果は先発薬と同等でなくてはいけないため、生物学的同等性試験を通して血中濃度に違いがないか調べるのです。
厳しい品質チェックが行なわれてはじめてジェネリック品として、販売されます。
日本では、医療費を節約していくためにもジェネリック品の開発を推奨していますが、普及率が低いと言われています。
海外では80~90%普及しているため、バイアグラのジェネリック品もインドが高い人気を誇っているのです。
カマグラを服用して、ギンギンな勃起とセックスを楽しんでみてください。