Browsing: 服用・注意点

顔のほてりは副作用のひとつ!主な症状を把握しよう

カマグラゴールドの副作用を緩和する方法

カマグラの副作用は、ほてり・頭痛・鼻づまり・動悸・消化不良・喉の渇き・胸やけなどです。
体質に合っていない場合でも副作用が合われることもありますが、どの薬にも起こりうる作用のひとつ。

カマグラで主に言われるのが、ほてりや頭痛です。
ほてりは、「身体が熱い」「風邪のような熱っぽさ」とも言われます。
EDは血管のつまりで勃ちにくなっている場合があるため、カマグラは血流のめぐりをよくして陰茎に送りこみます。
血行が促進されると、顔が赤くなったり、熱さを感じたりする症状がでるのです。
お酒を飲んだ時に、顔が赤くなる方はほてりの副作用が起こりやすいです。

頭痛も同じで、血行をよくするために血管を拡張する作用が、陰茎だけでなく脳にも作用します。
脳の血管が広がると周辺の神経が刺激されるため、頭痛を感じる場合があります。
数時間で収まる軽度な症状なので、あまり気にせずリラックスしてください。

どうしてもツライと感じる時は、市販の薬と併用してもOK。
頭痛であれば、鎮痛剤のイブ・ロキソニンなどでも大丈夫です。
消化不良は、胃薬と併用してください。
他の症状にも対応できる薬はありますが、併用できる成分なのか確認してから飲むようにしましょう。

副作用は、服用する時に水を多めに飲むことで発現率を抑えることができます。
コップ1杯の水または白湯で飲むと、胃腸への負担を減らすことが可能です。
はじめから服用量が合わずに副作用を強めている場合もあるので、適量を見極めることが大事。
25mgの低用量からはじめて、使用感と副作用の程度を確認してください。
カマグラは夢の薬とも呼ばれる、バイアグラのジェネリック品です。
ハードな勃起を可能するからこそ、副作用について把握しておけば不安に感じるものがなく服用していけます。

{ Add a Comment }

バイアグラのコピー版カマグラの正しい飲み方

カマグラの正しい服用方法
カマグラは、バイアグラと違い最大容量が100mgまで販売されています。
日本人に適していると言われている量は、50mgまでです。
バイアグラを服用する方でしたら、50mgが最大の用量なので心配する必要はありません。
カマグラはどのような用法・用量を守れば、しっかり効果を得られるのでしょうか。

効果を得るために1番大事なのは、正しい服用方法を守ること。
【1回の用量=100mg】
・半分にカットして50mgで服薬
→カマグラは強い勃起効果があるため、低用量の25mgでも効く場合があります。
用量が合っていないと副作用を増強させてしまう恐れがあるので、自分に適した量を見極めることが大事。

【服用間隔】
・24時間で1錠・1日1回
→24時間以内に1錠追加して飲む行為は禁止です。
成分が体内で排出されていない時に、追加してしまうと血圧を下げすぎてしまう危険性があるのでやめましょう。

【服用タイミング】
・セックスの30分~1時間前
→服用してから30分ほどで作用がはじまります。
作用のピークは1時間後に迎えるので、勃起効果を最大限に感じたい時は性行為の1時間前に飲むのがオススメ。

【食事制限】
・空腹時が基本
→バイアグラの有効成分はシルデナフィルです。
水にやや溶けにくい性質を持っていて、成分は腸で吸収されていきます。
食事を摂ってしまうと、腸の壁に油膜ができ成分の吸収を妨げてしまうため、効果が半減してしまうことも。
セックスには体力も必要なので、お腹が空いたままではダメという方は、食事を摂った後2~3時間空けてから服用してください。
ただし脂っこい食事は消化されにくいので、サラダや脂質の少ないあっさりした料理にしましょう。

カマグラの服用方法をしっかり把握しておけば、ハードな勃起も簡単に実現できます。

{ Add a Comment }