カマグラゴールドの副作用を緩和する方法

カマグラの副作用は、ほてり・頭痛・鼻づまり・動悸・消化不良・喉の渇き・胸やけなどです。
体質に合っていない場合でも副作用が合われることもありますが、どの薬にも起こりうる作用のひとつ。

カマグラで主に言われるのが、ほてりや頭痛です。
ほてりは、「身体が熱い」「風邪のような熱っぽさ」とも言われます。
EDは血管のつまりで勃ちにくなっている場合があるため、カマグラは血流のめぐりをよくして陰茎に送りこみます。
血行が促進されると、顔が赤くなったり、熱さを感じたりする症状がでるのです。
お酒を飲んだ時に、顔が赤くなる方はほてりの副作用が起こりやすいです。

頭痛も同じで、血行をよくするために血管を拡張する作用が、陰茎だけでなく脳にも作用します。
脳の血管が広がると周辺の神経が刺激されるため、頭痛を感じる場合があります。
数時間で収まる軽度な症状なので、あまり気にせずリラックスしてください。

どうしてもツライと感じる時は、市販の薬と併用してもOK。
頭痛であれば、鎮痛剤のイブ・ロキソニンなどでも大丈夫です。
消化不良は、胃薬と併用してください。
他の症状にも対応できる薬はありますが、併用できる成分なのか確認してから飲むようにしましょう。

副作用は、服用する時に水を多めに飲むことで発現率を抑えることができます。
コップ1杯の水または白湯で飲むと、胃腸への負担を減らすことが可能です。
はじめから服用量が合わずに副作用を強めている場合もあるので、適量を見極めることが大事。
25mgの低用量からはじめて、使用感と副作用の程度を確認してください。
カマグラは夢の薬とも呼ばれる、バイアグラのジェネリック品です。
ハードな勃起を可能するからこそ、副作用について把握しておけば不安に感じるものがなく服用していけます。